FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ビーズフラワーミニギャラリー1日目
2007 / 07 / 22 ( Sun )



私のビーズフラワーのミニギャラリーをマスターがご覧になってくださり、私の作品を褒めてくれてくださいました。

で、なんと!

ビーズフラワーを人に教えたいのなら、この素敵喫茶店、東向島珈琲店内でビーズフラワー教室の場所を貸してくれるという。

ええ!?

自宅以外で教える場所があったら・・・と思ってましたが、こんな素敵なカフェで!?


さらに驚愕の事実は続く。

喫茶店でビーズ教室の話をしていて・・・ マスターの言葉から

beads cafe


という言葉が出てきて、唖然。


私が、約3年間、通っていたビーズ教室のbeads cafeの両国教室。

横浜サロンは、まさに私の目指す、洗練された、ビーズサロン。

ビーズアクセサリーはキットがあれば作れるものの、長い間、毎月両国教室に通いつめたのは、阪本先生に会いたかったからなのでした。 諸事情により、しばらく実家に帰ることになり(今は東京にいます)、そのときに両国教室に通うのを泣く泣く辞めたのですが。

さて、beads cafeの両国教室が終わると、レッスンの帰りにたびたび先生と生徒さんたちと訪れている喫茶店がありました。アンティークの家具や小物が配されたヨーロッパ風の喫茶店。一人一人違うティーカップを出されるのだけど、いつも今日のティーカップは何かしら?とわくわくしていたものでした。beads cafe両国教室・年末恒例の「X'mas ティーパーティー」もこの喫茶店で行われて、パーティーを楽しんでおりました。

先生のの都合でレッスンの日を変更した為、先生がマスターにお願いして、ここでレッスンを行ったことがありました。先生も「これが本当のビーズカフェ」と喜んでいたみたいで。私は、よくこんな素敵な人気喫茶店で、ビーズ教室を行う許可が得られたなぁと思っていたのですが。


その某喫茶店の店長というのが、東向島珈琲店の現在のマスターだったのです!6年間ここに勤めていたとか。というわけで、私はマスターとは初対面ではなく、今まで何度も会っているはずだったのでした。どうりで初めて会ったとき、「この人、どっかで見たことあるような気がする・・・」と感じたのですが、気のせいではなかったのでした。

信じられないご縁!

今まで以上に、マスターに親しみを感じるようになりました。

運命の人!?とさえ、思えるようになってきました。

ミニギャラリーの件、ヒガムコのWebサイトリニューアルの件などなど・・・。ヒガムコのマスターは、私の人生にキラキラ光る素敵なプレゼントをくださいました。


素敵なカフェでビーズフラワーのレッスン。

いつか実現させたい!

なんとまぁ、早い段階で実現できるようになるのでしょうか!

まだまだ体調はイマイチの私ですが。20代のうちに撒いておいた種が、次々と芽を出し始め、信じられない強運に恵まれていると思わざるを得ない私なのでした。

私の誕生日。1977年7月27日。ラッキー7から名前が「なな」。

やっぱり私って強運の星の元に生まれたのだなぁと感じました♪

ギャラリーに足を運んでくださるお方がいらっしゃいましたら、足跡帳に何かコメントを残していただけると、大変嬉しいです。よろしくお願いいたします。



スポンサーサイト
23:59:59 | 展示会情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
beads bird ミニギャラリーについてのお知らせ
2007 / 07 / 16 ( Mon )
2.jpg


東京都墨田区にある、素敵なカフェ&花屋さん、東向島珈琲店 Pua manaにて、2007年7月22日より、1ヶ月間、私の作ったビーズフラワーのミニギャラリーが設置されます。お近くの方はぜひ見に来てくださいね。

東向島珈琲店 Pua mana

〒131-0032 東京都墨田区東向島1-32-7 1F
TEL 03-3612-4178

このページの一番下の方に地図が掲載されてます。
http://edomae-art.com/event/index.html

東向島珈琲店 Pua manaについての東都よみうり記事はこちら。
http://www.t-yomiuri.co.jp/news/back_no/20061208_04.html
02:13:06 | 展示会情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。